【s4使用ライボ軸サイクル】


f:id:torutoru06:20170720122531j:image

 

S4終盤とその近辺の大会で使った構築。

レートは最高1953までしか行けませんでしたが供養で上げます。

以下個体の紹介

 

ライボルト

持ち物:メガストー

性格:臆病

努力値:cs252 d4

技構成:10万 ボルチェン めざ氷 オバヒ

 

採用理由や経緯、とりまきについて詳しくははこちらに書いてあります。

 http://torutoru06.hatenablog.com/entry/2017/06/12/044101

 

 

 

ランドロス

持ち物:ゴツメ

性格:腕白

努力値:h212 b252 d44

技構成:地震 岩石 とんぼ ステロ

 

ライボと相性のいい物理受け枠。

コケコを見てもらうことも少なくないためhを最低限にしてDも少しふっている。

ギャラではないのは攻撃しながら回す系統のサイクルパーティなのにステロをまけるポケモンが一体もいないのは問題であると感じたから。

基本的にガルガブミミ、Xだと選出で割り切ったリザ辺りにライボのボルチェンから投げる駒。

ガル対面のみはライボ対面ボルチェンを押さず素でランドに引く動きをする。

相手の構築にメガがバシャーモしかいないなどのバシャーモをほぼメガだと言いきれる場合のみ馬車受けとして連れていくこともあった。

 

 

 

ウツロイド

持ち物:黒いヘドロ

性格:臆病

努力値:h164 c92 s252

技構成:パワージェム 毒 まもる 身代わり

 

はじめはスカーフ枠として使っていたがあまりにも読まれたのでリザYなどに投げられる回数も増え、裏への負担も大きい毒毒ヘドロ形にした。

hは身代わりが地球投げ耐え調整をしている。

カグヤレヒレでは結構痛手を負う電気技を持っているポリ2なども役割対象。

 耐久にふっているリザXにジェムを耐えられるのが辛い。

 

 

テッカグヤ

持ち物:残飯

性格;:慎重

努力値:h228 a4 b108 d148 s20

技構成:ヘビボン 火炎放射 宿り木 身代わり

 

僕が最も信頼しているテテフ受け。

テテフやマンムー、ランドを出せない時にガブに投げる。

少しSに降ることによりミラーで先手をとって身代わりを打ったり、遅いアシレーヌのZを身代わりで透かしたりするなど柔軟に動けた。

まもるがほしい場面も多かったが、それより身代わりのおかげで取れた試合の方が圧倒的に多く、またテテフ、ナットカグヤへの早い遂行を考えると切る技がなかった。

 

 

 

カプ・レヒレ

持ち物:イアのみ

性格:図太い

努力値:h252 b212 c20 d4 20

技構成:なみのり ムンフォ 怒り 挑発

 

はじめはオボンだったがオボンが発動するとき毎回毎回ほぼHPバーが赤だったので半分回復きのみにした方が機能するのではないかと思い、持ち物を変えた

ライボのボルチェンから繋いだマンダとバシャーモを受ける枠。

カバ展開の構築にも出すが選出から択になりカバが出てこないと腐るので微妙。

他には受け回しの構築にも出していく。

 

 

 

ミミッキュ

持ち物:ゴーストZ

性格:意地

努力値:as252 h4

技構成:シャドクロ 呪い 身代わり 痛み分け

 

構築単位で重いメタグロスがすさまじい確率で初手に出てくるので、それに合わせてZで飛ばすor大きく削る

 あとはオニゴーリとライドバトンなど(イーブイバトンはほぼバトンエースにピクシーが来るので勝てません)

 

 

 

*選出

 大体の構築にはライボ、ランドorカグヤ、ウツロorレヒレ

 

グロス入りにはできるだけミミッキュ

 

受け回しは相手の選出がグライドヒドラッキー以外出てこないのでライボカグヤレヒレ選出をし、ドヒドをカグヤで焼いてレヒレを投げ、怒りでで裏に負担をかける動きをし、一体落としたらライボを通すという動きを心がける。

ラッキーがステロをもっていると厳しい。

 

 

*きついポケモン

 

SS:メガフシギバナ、硬いウォッシュロトム 

何しても無理。解散。

 

S:吹き飛ばし持ってるステロカバ、ヒートロトム、早い身代わりカグヤ、D厚めのマンダ、鬼羽リザX

立ち回り、選出次第でなんとかならないこともないがかなり厳しい相手。

 

 

なにか質問や誤字などありましたら@torutoru_pokeまで

 

【ライボルトについて】

 

七世代にてメガライボルトが解禁されたので考察していきます。

 

 

*採用理由

威嚇ボルチェンによって裏の高耐久の負担を減らしつつより安定したサイクルを回す。

同じく電気タイプで高速のカプ・コケコと威嚇以外で差別化するためにゲンガーを抜いている点、オバヒを自然と採用できるためナットレイ等で止まらない点を活かしたい。

 

 

*性格

臆病一択

ゲンガーを抜いている点、控えめにしたところで火力がそこそこな点を考慮し臆病。

 

 

*種族値

(メガ前) 70-75-60-105-60-105

(メガ後) 70-75-80-135-80-135

 

 

*特性について

通常:避雷針、静電気

夢:マイナス

6世代の頃はサーナイトやポリ2等のトレース組がうざく、特にサナはボルチェンが馬鹿にならないダメージが入るため、静電気を採用るケースもありましたが、7世代ではサナが少なく、ポリ2に対して強いポケモンを裏に置きやすくなったため、メガ前でのみになるが電気の一貫を切れる避雷針がいいと思われる。

と思っていたが実際使ってみるとポリ2意味わからんくらいあと投げされて不快指数高かったので静電気にします。

 

 

*技構成について

 

ボルトチェンジ

サイクルを回すという上で必須。

 

・オーバーヒート

クチート程度までの耐久なら飛ばせるため比較的有利に鋼と戦える。

 

・めざ氷

Cは振り切ってもガブマンダは怪しいが、少し削れていれば落とせるため欲しい。

 

・10万ボルト

タイプ一致のメインウエポン。

リザYやスイクン、レヒレカグヤなどへの安定した打点になるため欲しい。

 

 

*調整について

Sライン

・最速[252]

 ・ゲンガー抜き[220]

 ・ゲンガー抜き抜き(調整スカシャンなど)[228]

 

 Cライン

・振り切り(低い火力の底上げのため)[252]

 ・159-116ラインのゲンガーを10万で最低乱数2連以外2発、Hふりクチートをオバヒで最低乱数以外1発[204]

 

 HBライン

・威嚇込み陽気ガブの地震耐え[108-20]

 裏にランドやカグヤを置くことが多いと思われる7世代ライボルト軸においてこの調整が有効かは疑問。

 

HDライン

・CSメガゲンガーのこごかぜ+ヘド爆をどう頑張っても耐えないのでそこまで振りたいとは思わない

霊獣ボルトの格闘Zを耐えるまで振りたいとも一時的に思ったが、そこまでDをふると少しでも相手に耐久に振られるとこちらもめざ氷で確2にできなかったので見送り

 

今のところ天才調整が思いつかないのでCS252、ダウンロード対策にD4が無難と思われる

 

 *相性のよい味方

[一般ポケモン]

ランドロス

ゴツメが主流ではある。

ウルガモスなどをどうしてもこいつで見たい場合はチョッキもありうるが、サイクル系統においてステロをまけなくなるのは痛いためよっぽどのことがない限りチョッキの採用は控えたい。

 

 

テッカグヤ

地面が一貫せず、また宿り木や広い技範囲で多くのポケモンを嵌めることができる。

ライボランドを軸にした場合に重くなるカプ・テテフに強いのも評価が高い。

ライボランド選出をした際に突破不能になるポリ2を嵌めるのも大切な仕事。

 D振りが最も活躍しやすいか。

 

 ・ウツロイド

テッカグヤとの並びはとても強く、また、ここまでの並びで重くなるリザYやウルガモスに安定して繰り出すことができる。

 

 

ギャラドス

基本的な仕事はランドロスと同じだがめざ氷を搭載したバシャーモ、羽のあるマンダにも対応できるため採用する価値はある。

とんぼがつかえないため対面操作が難しく、またステロを覚えないため後続にHD基調のステロを搭載したナットレイが採用されることが多い。

 

 

 ・カプ・レヒレ

ゴツメ枠にランドロスを採用する際にメガでないバシャーモを受ける駒として。

またライボルトサイクルは受けルのような毒や火傷で削るのではなく、ボルチェンや宿り木、ゴツメのダメージで削ることが多いためフィールドは恩恵でしかない。

 

 

ミミッキュ

この手のサイクルを組むとZ枠があまりがちになり、またカグヤやナットなどが簡単に起点になってしまうオニゴーリ展開や阻止の難しいバトン構築に刺していくために呪いミミッキュは有効だと思われる。

 

 

・ブルルドヒドイデ

ライボルトととても相性がよいグラスフィールドを貼れるブルル、バシャーモをトップクラスに安定して受けられるドヒドイデの並び。

ドヒドイデを氷Zなどにすることにより更に積み展開に強く出ることができる。

 

 

・サザンガルド

サザンの浮遊で地面の一貫を切る。

この並びは一見攻撃的な並びでライボルトと合わなそうに見えるかもしれないが、ライボルトの威嚇とボルチェンが組み合わさることによってよりタイプ受けがしやすくなり圧力をどんどんかけていくような動きが可能。

 マンムーが致命的に重くなる。

 

 

[メガシンカポケモン]

 

僕はライボルトを軸としたサイクルにおいて裏のメガはそこまで必要だと思っていません。

その理由としてはライボルト以外のメンツがライボルトとの補完を第1に考えて構築されているからです。

強いて採用するなら重くなりがちなフシギバナに強く、展開系統にかなり強く出られる滅びゲンガー等でしょうか。

 

 

 ライボルトはとても好きなポケモンで考察していきたいと思っているのでこれを読んで興味を持ったりした方はぜひ一緒に考察しましょう

 

 

誤字や間違ったことを書いてましたら@torutoru_pokeまでお願いします

 

 

【ボディパゴーストZギルガルド考察】

知り合いが呟いていたのにときめきを感じたので考察してみることに

 

 

*性格

 

一発耐える耐久は欲しいためBDに下降はかけられないが、ボディパの都合上Sにも下降はかけられないため控えめでスタート

 

 

*技構成

 

・コンセプトのボディパ

Sが上がるギルガルドというのに魅力を感じた

 

・今環境に通りが良いZはゴーストZであると判断したためシャドボを採用

 

・Sが上がるシナジーと読まれにくさ、誤魔化し性能を評価し、道連れを採用

 

・ゴーストワンウエポンでポリ2にヘイトをためたくないため、毒を採用

 

 ・毒の枠としては裏のポケモンとの兼ね合いによってキンシ、かげうち辺りが入るか

 

※実践で80試合程するもキンシなどをやたら読まれ、衝撃的に道連れが決まらない( இ﹏இ )

 

 

 *調整

 

・Sライン

ボディパで最速130族抜き

Sを振りすぎると耐久がもろくなるため130抜き程度が無難か

 

 ・Cライン

Hふりカバを飛ばせることを評価しCは特化

 

 ・耐久ライン

 ダウンロードを考慮し、B4、D12

Hは残りの76ふり

陽気ガブリアス地震を丁度確定耐えとなったためこの調整を僕の中の完成系としておく

 

145(76)-x-171(4)-222(252)-172(12)-101(164)

 

 Hが16+1になっているのが少し気になる(*'へ'*) ンー

 

詳しいダメ計とかは各自でお願いします

 

なにか質問やミスなどあれば @torutoru_poke までお願いします